2018年2月5日

遺品の片付けについて思うこと

家族が亡くなった時にやる事になるのが遺品の片づけです。中には故人が生前残した物をそのままの状態にしておくという人もいるかと思います。

ですが多くの家庭では家族が亡くなった時は遺品の片づけをします。
その時に困るのがどういう方法で遺品を片付けるかという点です。

いくらその遺品が本人以外は価値がないと思っていてもそれをいい加減に扱うのは抵抗があります。
処分するにしてもしっかりした形で処分したいと思うものです。

なので私も家族が亡くなった時は遺品の片づけの際にはお焚き上げをしてもらって処分しました。
それはやはりいくらその物自体に価値がないと思っていても故人が残した物という意識があるからです。

なのでそれを普通ゴミに出す感覚で処分できませんでした。それで思った以上に費用がかかりましたが
良かったと思っています。なぜなら、それで故人の尊厳は守れたような気持になったからです。

ですから遺品の片づけは後味も考えてやった方が良いと思いました。