2016年11月21日

粗大ゴミにする前にまずできることをしてみましょう

これはもう粗大ゴミに出すしかないな・・・と思うような物も、よく見てみるとまだまだ使えたりします。最近は何でもかんでも使い捨てにすることが多いようですが、使い捨てていい物とダメな物の見極めはできた方がいいです。

まだまだ使える物を、ちょっと壊れたから・・・ちょっと汚れたから・・・という理由で粗大ゴミに出してしまうのは「ちょっと待った!」です。壊れたところは自分の手で直してみましょう。汚れたところはきれいに拭き掃除をしてみましょう。

ぞうきんや綿棒など、使える物は身近にたくさんあるはずです。細かいところは綿棒を使うと汚れがスッキリ取れますよ。ぞうきんは不要になったタオルなどを使うとそのまま処分することができます。

粗大ゴミに出すしかないのかな・・・と思った物もホームセンターへ行って補修するアイテムを買ってみてください。結構自分の力だけで物がよみがえり再利用できることが分かるはずです。ますます愛着も湧くはずですよ。

PR|遺品の整理で起こりがちなトラブル|